恋するピザ子

アラサーではなくジャストサーティーです

早速起きたいいことと、タイムトラベルな話

占いを信じて2時間後、管理会社から家賃の値下げ交渉の返事が来ました。




結果…


5000円値下げ!

毎月の5000円は侮れない。
2年契約だから12万円の節約。
更新料ももちろん5000円値下げ。

個人の家主さんじゃないので…と言われて、難しいかなぁ…と思ってたけど。。
(この前の更新の時も交渉したけど、あっさり却下されたこともあり)


いやぁ、話がわかるじゃないの宇宙さん!!!!!!

この調子でTHE・降って湧いたような幸運をもっとください!!!!!!


(*´Д`*)たはははははなんてしあわせなんだ…





話まるっきり変わって、タイムトラベルのお話。

わたしは"Before Sunrise"という映画が超好きである。
イーサンホークとフランスの女優さん(誰。)の会話がすっっっっごく自然であっという間に時間が経っちゃう映画。

そんな彼と彼女は、ウィーン経由の列車の中でたまたま出会い、会話をしながら仲良くなるのだが…あっという間に彼の目的地、ウィーンに着いてしまう。(彼女の目的地はパリ。)

彼は彼女ともっと話がしたい!

ってことで、思い切って
1日ウィーンで一緒に過ごさないか
と誘う。

そこでの彼の誘い文句がこちら。

All right, think of it like this.
Jump ahead 10, 20 years, okay?
And you're married.
Only your marriage doesn't have that same energy that it used to have.
You start to blame your husband.
You think about all those guys you've met in your life...and what might've happened if you'd picked up with one of them.
Well, I'm one of those guys. That's me.

So think of this as time travel from then to now to find out what you're missing out on.
See, what this really could be is a gigantic favor to you and your future husband to find out that you're not missing out anything.
I'm just as big as a loser as he is, totally unmotivated, boring.
And you made the right choice, and you're happy.

仮に10年20年先の話だとしよう。結婚した君は、夫にも不満があって、もし過去の男たちの中のうち、1人を選んだらどうなっていたのか?と考えた。
その1人が僕だ。
これはその時から今へのタイムトラベルだと考えればいい。
君が正しい判断をすれば、君は幸せだ。
(↑短く訳せばこんな感じ)

そう言われた彼女は笑いながら

"Let me get my bag."

とバッグを取りに行く。



何これ、こういう誘い方されてみたい。


(´∀`)…





今がもしタイムトラベル中だったら、38歳、48歳だった自分は何をするだろうか?何と自分に忠告、助言するだろうか。

きっと

ショパンやっとけ。

と言うだろう。
数ヶ月猛練習したらバッシバシに弾けるようになっとるよ、ヤバイよ。と。

それから英語とドイツ語は継続してやっときんさい、って思うだろう。
今の努力がめっちゃ助けになっとる!!!ありがたい。(←ドイツで結婚してる前提)と。

今の自分は今の欲求に走りがち。
(21時過ぎて晩御飯食べたい…とかね…!)

でも、将来の自分は
「18時にクリーム玄米ブラン食べたじゃろ?湯船に浸かって疲れ取っときんさいや。」
って言うかもしれん。

どうしてもお腹空いたら「たまにはいいよ」って優しくしてくれる自分wwwwwww

「自分が自分の最大の味方」ってことが、タイムトラベルのこと考えたら実感できたりしたりして…(´∀`)




ピザ子