恋するピザ子

7年ぶりに元彼と再会して、付き合ってプロポーズまでを一晩で体験したアラサーの話です

ラテンとゲルマンのちょっとした違い

イタリアンから自愛に関して答えをいただきました(*´∀`*)待ってましたーー!!!!!!!!
ラテン!!!!!!!!
(注: ナポリ男じゃない方)

ピザ子による和訳:
< 愛情表現について >
いわゆるラテン系の国(仏、伊、西)では感情表現することは当たり前で、あなたのことが大事だよ!と知ってもらうためにも、決して心情を隠すべきではない、と考えが一般的。
友達、彼女や家族にI love youと伝えることも普通。

< 自愛について >
他者を愛せない者は、自分を愛せない。
他者がどう感じているか理解するためには、自分がどう感じて、何を欲しているかを理解することが第一。
共感することは、他者の感情を理解するのに大事なこと。



自愛について、

他者を愛せない者は自分を愛せない。

これは逆もまた然りだな、と思いました。
(じゃーーーまんは自分を愛せない者は他者を愛せない、という言葉を引用していたし私もそう思っていたけど、逆の考えもアリだな、という発見。)


これ読むとフランス人にも意見聞いてみたくなった。フランス人とイタリア人もラテンとはいえちょっと違いそう。しかし現時点でフランス人知ってる人いない(*´∀`*)…





それからラテンとゲルマンの違いなんでしょう多分。

じゃーーーまんは愛情表現に関しては、
家族のことは何よりも愛しているけれど、"ich liebe dich"(←I love youドイツ語)とは言わない。心から愛していると思っているけれど、言葉にはしない。
彼女には数回デートしただけでは絶対言わない。結婚するのがイメージできたら言う。


一方、100%純日本人のピザ子は愛してるなんて言ったことないよ、なんだそれ的な感じで感情すらわかんないよ(*´∀`*)…

I love トマト!!! とか I love your muscular Arm(*´Д`*)でへ とかは言うけど…愛してるよ〜っていうより

だいすき

に近い。きっと。




今日もピザ食べたいなぁ…(*´Д`*)でへ…




ピザ子